espressivo

2021年03月30日 00:47
カテゴリ:レッスンの事

音楽用語で

表情豊かに

という意味があります。

強弱をつけたり、ビブラートをかけたり
速度を変えたり、テヌートをつけたり
弓の速さを変えたり、弓の使う場所を変えたり


表情の変え方は沢山あります。


やる方法は分かっていても、
心で感じて頭でイメージして、、、


演奏するとなると中々難しい🥲




レッスンでよくやるのは
ドレミで歌ってみる事🎤
色んな人の演奏を聴く事
私と一緒に弓の動き、身体の動きを真似する事

などなど。






最近espressivoの壁にぶつかっている
生徒さん。

かなりの恥ずかしがり屋さん😙
表情をつける事が恥ずかしい模様、、、




表現する方法を学ぶこの習い事の素晴らしさ!
聴く人の心を動かすような演奏!
AIでは出来ない、この芸術の素晴らしさ!

音楽の習い事って学べる事が沢山あります😌


さあ恥ずかしさを乗り切るために
まずは、なりきって演奏してみよう🎻



成長が楽しみです☺️

前のページ
お手紙
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)